話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

Pocket

アセアジャパンコーチ 渡辺亨こんにちは!
アセアジャパンのコーチ 渡辺です。

今日は短く、人材育成とコーチングの関わりについて教えてくれる、

ある有名な方の言葉をご紹介したいと思います。

海軍司令長官 山本五十六

皆さんは山本五十六(やまもといそろく)さん
という方はご存知ですか?

歴史ものが好きな方は覚えているかもしれません。

明治生まれで、第一次、第二次世界大戦の頃に、

海軍司令長官、海軍元帥として戦って戦死した方です。

当時、多くの人々に敬愛されたようですが、

特に部下からは信望を得ていました

多くの人が彼を師と仰ぎ、彼によって育成されました。

彼が語ったとされる名言のひとつにこんなものがあります。

人材育成の世界では有名で、引用されることも多い言葉です。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

いかがでしょう?

1行目はメンタリングやティーチングですが、

2行目あたりからはまさにコーチングと重なるものがありませんか?

コーチングのアプローチというものは、

だいぶ以前から有効な人材育成の方法なんですね。

コーチングの導入を考えておられる経営者や管理職の方などには、

紹介してもよいエピソードかもしれませんよ!

Pocket

Post Author: 渡辺 亨

アバター
米国Creative Result Management 認定コーチ。 一般社団法人日本コーチング教育振興協会理事。