初心者コーチが効果的成長するための相互コーチング

【初心者コーチ向け】コーチ同士の相互コーチングで効果的にレベルUPする方法

Pocket

ACEAジャパン認定コーチ 清水大輔

こんにちは!ACEAジャパン 認定コーチの清水です。

今日は、私たちアセアジャパンのコーチがお互いにやっている、効果的なコーチングの練習方法を1つご紹介します。

それは、コーチ同士の相互コーチングです。

コーチ役クライアント役をお互いに交代しながらコーチングの練習をするという方法なのですが、

アセアジャパンが開催するコーチングステーションなどでも行われている効果的なコーチングの練習方法です。

皆さんのコーチとしての成長にも役立てばと思ったので、

効果的に練習するためのコツを少しご説明しますね。

コーチ同士で練習するメリットとは?

コーチングの習得には、実際にコーチングをして
経験を積むことが欠かせません。

(というか、やならいと忘れていきます。)

その経験を積む方法には、

・クライアントとのセッション
・コーチングステーション
・コーチ同士で練習する
 etc

などがありますが、

初心者のうちは特に、
クライアントが十分にいなかったり、
いても、クライアントとのセッションだけでは
自分のズレやヌケに気が付きにくいと思います。

その点で、コーチ同士で練習をして、

お互いの成長を助け合うことには大きな意味があります。

コーチングステーションでの相互コーチングの様子

↑ コーチングステーションにて相互コーチングの練習中の様子

相互コーチングの注意点

ただ、相互コーチングを効果的な成長の場にするためには

いくつかの点に注意をして実施する必要があります。

1.適度な緊張感を持つ

まず、相互コーチングは、コーチ仲間と行うので、
リラックスして取り組めるというメリットもありますが、
逆に緩くなりすぎるというデメリットがあります。

コーチングに限らず、良い練習には適度な緊張感が必要ですよね。

初心者コーチの相互コーチング練習 注意点①

2.フィードバックしやすい環境を作る

人によっては遠慮してフィードバックしにくいということもあるかもしれません。

言うまでもなく、適切なフードバックは成長を助けますから、

相手に貢献する思いで、率直なフィードバックを行うようにしましょう。

また、そのためにお互いにフィードバックしやすい環境を整えることが大切になってきます。

初心者コーチの相互コーチング練習 注意点②

3.毎回の目的をはっきりさせる

目的がはっきりしない練習も効果がありません。

毎回の成長課題・ゴールを明確にしてから行なうようにしましょう。

初心者コーチの相互コーチング練習 注意点③

1.緊張感
2.フィードバックのしやすさ
3.目的意識

これらを踏まえた相互コーチングの流れの例を次にご紹介します。

相互コーチングの流れ

上記の注意点を踏まえたうえで、
具体的には、以下のような流れで相互コーチングを進めていきます。

① 挨拶

② 分かち合い
  (ア) コーチとしての目標の宣言 「私は、...」
  (イ) 互いのコーチングの成長について分かち合い
  (ウ) 今日の目的
     以下から選択して、具体的な内容を伝える
    (態度、ファシリテーション、傾聴、フィードバック、
     質問、結果、その他)

③ セッション

④ コーチが自己評価する(目的について、その他について)

⑤ クライアントがコーチの自己評価についてフィードバック

⑥ クライアントがコーチとして学んだことを分かち合う

⑦ 貴重な時間を感謝する

各段階のポイント

この流れに沿って相互コーチング練習を行うと、

先ほどの3つの注意点もカバーすることができます。

どういうことかというと、

適度な緊張感を持つために

まず適度な緊張感を持つために、
自分の目標を宣言して、相手の貴重な時間を感謝します。
襟元を正すイメージですね。

毎回の目的をはっきりさせるために

それから目的意識をもつために、
分かち合いで、目標をはっきりさせ、現状を確認します。
それによって、自分が今日するべき、具体的な目的を決めます。

フィードバックしやすい環境を作るために

最後にフィードバックのしやすさについては、
先に自己評価をしてもらえば相手も言いやすくなります。

また、その日の成長目的がはっきりしているため、
それについての的確なフィードバックをすることができます。

おわりに

いかがだったでしょうか?

コーチングはたくさん実践することで着実に身に付きます

ご紹介した方法のほかにも、ACEAジャパンではコーチングステーションなど、
コーチ同士の交流・成長の場が定期的に設けられていますので、
それらも利用するなどしながら、
さらに役に立てるコーチとして成長していきたいですね!

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA


↑ コーチングクリニック / コーチングステーションの様子

Pocket

投稿者: 清水 大輔

アバター
清水 大輔 (しみず・だいすけ) ACEAジャパン認定コーチ。