自分を変えたい人へのコーチング

自分を変えたい人へのコーチング①

Pocket

コーチングに求められる主要な目的のひとつは、

自己成長」あるいは「自己変革」です。

具体的なトピックは様々であっても、

「変わりたい」という願いを心に抱いていることが多いのです。

自分を変えるために、人は何をできるでしょうか?

もちろん、多種多様な方法があるわけですが、

その中から3つほどご紹介したいと思います。

1.自分自身を知る

自分を変えるために何ができるか、

まずは、自分自身を知ることです。

自分を知らなければ、何をどう変えるのかが決まりません。

しかし、意外と自分を知らないままで「変わりたい」と

願っているケースは多いのです。

たとえば、

自分は仕事が遅い」と思っている人はたくさんいます。

どれぐらい遅いのですかと尋ねると、

正確には分からないが、

とにかく仕事が遅れているんだと言われます。

160713coaching_change1_2

何のベンチマークもなければ、

何をどのぐらい早くするかを考えることができないので、

こういう場合は、

では2週間ほど、どんな仕事に何分かけたかを記録してください」と、

お願いするようにしています。

FotoliaComp_87555081_9u2MX9s61j4HgdB5cTWQC24HkFqoFysE_NW40

このようにしてもらうと、

これまた意外なことにほとんどの人は、

自分は仕事がおそいわけではなかった」と言われます。

そして、

所要時間の見積もりが甘かったとか、

スケジュールに無理があったとか、

順序がめちゃくちゃだったとか、

自分の仕事でないことを手伝ってしまっていた、

等の発見をします。

FotoliaComp_80397764_HxOaBl3lXnP6SVuWPr8j0LZB8Ai8sc0z_NW40

その結果、

自分をどのように変えたらよいのかが、

よりはっきりと見えてくるのです。

まずは自分の現状をぼんやりしたものから

明確な事実に置き換えていく

自分を変えるためには、

この作業が必要不可欠だと言えるでしょう。

FotoliaComp_79771473_fo1KC95yeGrJOcoBln76Zellp1ZNHppm_NW40

コーチングにおいてこのことを意識しておかないと、

的外れな問題意識の上に検討を重ねて、

時間を無駄にしてしまうことになり、

あまり成果を得られないまま終わってしまうでしょう。

自己成長を支援するコーチングを実り多きものとするために、

まずは自分を明確に知ってもらうことを意識しましょう。

次回は、自分を知るためにどうしたら良いか、

さらに具体的な方法をご紹介したいと思います。

どうぞ、お楽しみに!

自分を変えたい人へのコーチング②

Pocket

Post Author: 渡辺 亨

アバター
米国Creative Result Management 認定コーチ。 一般社団法人日本コーチング教育振興協会理事。