自分を変えたい人へのコーチング2

自分を変えたい人へのコーチング②

Pocket

前回、自分を変えたい人へのコーチング①では、

自分を変えたいという方にまず必要なのは、

何をどう変えるのかを考えるために、

自分自身を知ることだという考え方について、

少し実例をあげてご説明しましたね。

自分を変えたい人へのコーチング①

今日はその続きです。

自分を知るために

先日も触れたことですが、

多くの方は自分について、

ぼんやりした印象しか持っていません。

そのぼんやりしたものを、

自分の中でもっと明確なものにしていかなくてなりません。

どうしたらいいのでしょうか?

難しいことのように感じるかもしれませんが、

実は簡単です。

以前ご紹介したのとほとんど同じで、

「記録する」のです。

自分を変えたい人へのコーチング_記録する

何を記録するのか

日常生活を送る中で、

自分が好きだと感じたもの、

キライだと感じたもの、

160716coaching_change2_img2

とても嬉しいと思ったこと、

とても悲しいと思ったこと、

160716coaching_change2_img02

ロマンを感じたもの、

とても意味があると感じたもの、

あるいは意味がないと感じたもの、

160716coaching_change3_img4

得意だと感じたもの、

苦手だと感じたもの、

160716coaching_change2_img03

知りたいと思ったもの、

行きたいと思ったところ、

160716coaching_change2_img6

こういった物事について、毎日記録を取るのです。

たったこれだけのことですが、

1か月もすれば、立派なリストが出来上がります。

そして、これらの「証拠」に基づいて、

自分がどういう人間なのか、

以前よりもはっきりと見えてきます。

そしてそれに基づいて、

自分を変化させたいポイントや方向性も、

具体的に考えることができるようになるでしょう。

自己成長のためのコーチングにおいて、

クライアントにこのような作業を提案することも

できると思います。

活用できる機会がある時に、ぜひ活用してみてください。

160716coaching_change2_img06

次回は、自分を変えるための2つ目のポイントについてお話したいと思います。

どうぞ、お楽しみに!

Pocket

投稿者: 渡辺 亨

アバター
米国Creative Result Management 認定コーチ。 一般社団法人日本コーチング教育振興協会理事。